Comment(順不同・敬称略)

心の友と呼べる人と出会えたなら、人生は豊かなものになるだろう。

その人生が終わる時に思い浮かぶ人たちが、

私にとっての『家族』という枠を超えた『かぞく』なのかも知れない。

原田知世(女優/歌手)


 

そこには「人」がいた。真っ直ぐで、思い、悩み、背負い、
それはリアルに私たちの隣にいる人達で、あるいは私そのものかもしれない。
だからこの映画には、感情を持っていかれる。橋の上で私も泣く。
気がつくとこの映画の“かぞく”になっていた。恐るべし、春本監督。

堤幸彦(映画監督)