• 旭(あさひ):松浦 慎一郎

    1982年生まれ。長崎県五島列島出身。
    サラリーマンとして働いていた時に出演したCMがきっかけで脱サラし、俳優へ。映画を中心に活動中。
    俳優、ボクシングトレーナー、刀パフォーマーと活動の幅は広く、ボクシング界に貢献活躍したトレーナーに送られるエディ・タウンゼント賞を2010年に受賞している。
    武正晴監督『百円の恋』(14)では、トレーナー役として出演の他、ボクシング指導も務めた。
    主な映画出演作に岸善幸監督『あゝ、荒野』(17)、入江悠監督『ビジランテ』(17)、内藤瑛亮監督『許された子どもたち』(公開待機中)などがある。

  • 洋人(ひろと):梅田 誠弘

    1983年生まれ。鳥取県出身。
    22歳から役者活動を始め、小劇場などの舞台で経験を重ねた後、映像作品でも活動を広げる。
    近年では内田英治監督『獣道』(17)のほか、TVドラマなど出演の幅を増やしている。
    趣味は卓球でインターハイ経験も持つ。2018年公開待機作多数。

  • 佳織(かおり):遠藤 祐美

    1982年生まれ。神奈川県出身。
    日本大学芸術学部映画学科在学中に俳優として活動を始める。
    最近の出演作に、奥田庸介監督 映画『ろくでなし』(17)、TBSドラマ 堤幸彦監督「神の舌を持つ男」、TV-CM ユニリーバジャパン AXE BLACK「AQUA JELLY編」、南海電鉄「南海愛ドラマ 高野山編」、カゴメ 野菜生活100 Peel&Herb「午後4時のリフレッシュ編」などがある。

  • 喜多(きた):森本 のぶ

    1979年生まれ。京都府出身。
    ㈱オフィスMORIMOTO代表取締役。
    東映太秦映画村にて、暴れん坊将軍の撮影に貸衣装を着て潜入。出番待ちの役者に俳優を志願しその後上京。20代は主に小劇場で活動。
    2014年からオフィスMORIMOTO代表兼俳優として活動。
    主な映画出演作として、北野武監督『龍三と七人の子分たち』(15)、瀬々敬久監督『64-ロクヨン-』(16)、マーティン・スコセッシ監督映画『沈黙 SILENCE』(16)、北野武監督『アウトレイジ 最終章』(17)など。